後光がさす玉露


名匠【山下壽一】が1年中眺めている屋敷周りの茶畑で生産される玉露は、1年かけてゆっくりと育成し、年に一度、5月のお茶の時期に丁寧に手摘みされます。山下家の屋敷周りで生産されるお茶は、毎日行き届いた管理がされ絶品の味わいです。その味は甘みが凝縮され茶葉は真綿のように柔らかく、本人も「後光がさす玉露」と納得する出来映えです。もちろん本人が納得できる玉露は、数キロしか生産できません。
現在茶園は、孫の【新貴】が引き継ぎ、2018年新貴が手がけた玉露が農林水産大臣賞を受賞し、伝統ある玉露作りを引き継いでおります。
ぜひ、舞妓の茶の高級玉露をお楽しみください。

フジテレビ とくダネで大絶賛


フジテレビ 朝の情報番組とくダネにも紹介されました!放送中には、キャストの小倉さん、菊川さんにお飲み頂いたのですが、「こんなお茶飲んだことない」と絶賛されました。辛口評価の小倉さんも絶賛されました。

美味しい淹れ方


①沸騰したお湯を湯冷ましに入れ、温度を下げます。

②急須に茶葉を入れます。目安:8gで3人分~4人分

③約40℃〜50℃冷ましたお湯を急須に入れ、約2分~2分30秒待ちます


④茶碗を均等に回し注ぎます。最後の一滴まで絞りきってください。(二煎目もおいしく味わうために)

⑤二煎目以降はお湯の温度を少し上げ、待ち時間も少なめにして入れていただくとおいしく召し上がっていただけます。二煎目以降も最後の一滴まで絞りきることは忘れずに。


⑥最後は、茶葉を捨てずに醤油、ポン酢などで味付けしていただくとおいしく召し上がっていただけます。

【ワンポイントアドバイス】
茶葉を急須に入れてお湯を入れるのではなく、氷を5個ほど入れ氷が溶けるまでゆっくりじっくり待ちます。氷が全部溶けたら、完成です。
とても、濃い玉露の味が楽しめます。

玉露イメージ

玉露のおひたし

氷出し玉露

美味しい淹れ方



玉露イメージ

玉露のおひたし

氷出し玉露
①沸騰したお湯を湯冷ましに入れ、温度を下げます。

②急須に茶葉を入れます。目安:8gで3人分~4人分

③約40℃〜50℃冷ましたお湯を急須に入れ、約2分~2分30秒待ちます


④茶碗を均等に回し注ぎます。最後の一滴まで絞りきってください。(二煎目もおいしく味わうために)

⑤二煎目以降はお湯の温度を少し上げ、待ち時間も少なめにして入れていただくとおいしく召し上がっていただけます。二煎目以降も最後の一滴まで絞りきることは忘れずに。


⑥最後は、茶葉を捨てずに醤油、ポン酢などで味付けしていただくとおいしく召し上がっていただけます。

【ワンポイントアドバイス】
茶葉を急須に入れてお湯を入れるのではなく、氷を5個ほど入れ氷が溶けるまでゆっくりじっくり待ちます。氷が全部溶けたら、完成です。
とても、濃い玉露の味が楽しめます。

包装イメージ


舞妓の茶本舗では、こだわりの銘茶を中心に、皆様の真心とともに先様へ心を込めてお届けさせていただきます。お届けの際に必要な、のし掛け、包装、手提げ袋も無料にてご用意いたします。大切な方への贈り物は、舞妓の茶本舗にお任せください。
普通包装
仏事包装
京の名匠 山下壽一作 最高傑作玉露 屋敷の茶 50g 袋入(カバー付)
お祝い事に
[商品番号] 105
[商品価格] 10,800円(税込)
数量:

商品情報

内容量 50g 賞味期限 10ヶ月
保存方法 直射日光・高温多湿を避け、移り香にご注意ください。 パッケージの大きさ 袋 : 縦230×横140 mm
その他特記事項

のし・包装について

のし 包装