▼詳細カテゴリーへ移動

▼条件で絞り込む

【キーワード】 
【ご予算で選ぶ(税別価格)】
【贈り物で選ぶ】
【シーンで選ぶ】

かりがね(茎茶)

かりがねとは、玉露・煎茶の仕上げ工程の中で、葉・茎・粉などに選別される茎の部分の入ったお茶のことを言います。 
粉茶同様、「出物」と呼ばれるものです。

地域により、いろいろな名称を使われますが、京都では「かりがね」と呼ぶことが多く、全国的には「茎茶」と呼ばれることが多いようです。

茎の部分にも栄養があり、香りも立ち、比較的簡単に淹れることができますのでコアなお客様から支持を得ております。

本茶の味を活かしたブレンド

かりがね茶葉
(黄緑の部分が茎の部分)

舞妓の茶本舗のかりがねは本茶(茶葉)と茎をブレンドし、本茶の味も活かしさらに茎の風味も活かせられる様、茶師がブレンドしております。
また、玉露の茎を使用した玉露かりがね、玉露と煎茶の茎をブレンドしたかりがね、煎茶の茎を使用した煎茶かりがねと幅広く取り扱っており、中でも玉露かりがねは毎日飲むお茶としてもよくご利用いただいております。

本茶の味を活かしたブレンド

かりがね茶葉
(黄緑の部分が茎の部分)
舞妓の茶本舗のかりがねは本茶(茶葉)と茎をブレンドし、本茶の味も活かしさらに茎の風味も活かせられる様、茶師がブレンドしております。
また、玉露の茎を使用した玉露かりがね、玉露と煎茶の茎をブレンドしたかりがね、煎茶の茎を使用した煎茶かりがねと幅広く取り扱っており、中でも玉露かりがねは毎日飲むお茶としてもよくご利用いただいております。

美味しいかりがねの淹れ方

かりがねの淹れ方を紹介いたします。(5人分)

①一度沸騰させたお湯を80℃〜90℃に冷まします。
②茶葉8g〜10gに対しお湯約430mlを急須に入れ、浸出時間を約30秒とります。
③人数分を回し注ぎし、最後の1滴まで絞り切ります。

かりがね茶は熱湯で淹れていただいても問題はありませんが舞妓の茶本舗のかりがねは本茶とブレンドしていますので少し冷ましてから淹れるのをお勧めいたします。

商品一覧 「かりがね(茎茶)」

件数:22 件

ネコポス対応 内祝に
[商品コード] 315
1,652円(税込)
お祝い事にも
[商品コード] 316
3,304円(税込)
内祝に 御供物にも
[商品コード] 314
2,203円(税込)
ネコポス対応 ご来客様に 舞妓の茶本舗おすすめ
[商品コード] 325
1,101円(税込)
御供物にも
[商品コード] 324
1,652円(税込)
ネコポス対応
[商品コード] 335
918円(税込)
[商品コード] 336
1,836円(税込)
[商品コード] 338
4,131円(税込)
御供物にも 香りを楽しみたい
[商品コード] 334
1,101円(税込)
ネコポス対応
[商品コード] 345
642円(税込)
ネコポス対応 プチギフト・手土産にも
[商品コード] 354
459円(税込)
ネコポス対応 プチギフト・手土産にも ティーバッグ
[商品コード] 616
734円(税込)